FGO
FGO攻略wiki
ロビンフッドの評価と再臨素材

ロビンフッドの評価と再臨素材

最終更新 :
FGO攻略からのお知らせ
(集中更新中)水着イベント2部のドロップまとめてます

ロビンフッドの評価を掲載。スキルやNP効率の徹底解析から、再臨素材、絆礼装に最終再臨イラストまで掲載しています。ロビンフッド運用の参考にどうぞ。

目次

【評価/データベース】

【サーヴァント運用/組み合わせ】

【プロフィール】

スポンサーリンク

ロビンフッドの評価と主要データ0

──ほいほい。
呼ばれたからにはそれなりに働きますよっと。

主要なデータ

クラスアーチャー(▶一覧はこちら)
カード構成
タイプ中立 / 善
入手方法全てのガチャで恒常的に排出

特徴と運用難度評価

運用難度評価:〔S〕
分かりやすく優秀。活躍する場面が多い。
・対象範囲がとても広い、宝具特攻アタッカー
・毒状態特攻だが、スキルで毒を付与できる
・特攻込みの宝具威力は星5の宝具1を超える
・単体剣ボスが出た場合、最適解の一つになる
・回避もあり「あともう1回の宝具」が狙える
・強化クエストやATK強化など育成の必要がある
当wikiにおける評価基準(タップで開閉)

当wikiにおける評価について

◆評価しているライター

実装された全サーヴァントを余さず使用して考察を上げている検証勢。
普段はYoutubeでLv1のサーヴァントのみでシナリオをクリアする動画をアップしている。

◆評価基準

基本的に「全く使えない」「弱い」と断言できるサーヴァントはゲームにほぼ存在しないので、パーティの構成難度や育成優先度などをメインに検討。

[S]別格。
所持している場合、全プレイヤーが育成すべきサーヴァント。
[A]育成優先度が高い部類。
明確な強みがあり、分かりやすく優秀なサーヴァント。
大体が万人におすすめできる性能。
[B]競合相手が居るが、キャラが揃うまではずっと第一線で使える性能。
もしくは自己完結しておらず、単体のみでは活躍しにくい場面があるタイプ。
[C]競合相手が多く、手持ちのサーヴァント次第では採用頻度が減るタイプ。
好きなら問題なく使っていけるだけの性能はある。
[D]現状不遇なサーヴァント。使うには愛が必要。
ただしこのランク帯はゲーム内にほとんど居ない。
[EX]単体での評価が不能。上記どこにも属さない。
特定の状況に特化、もしくは専用PTを組むことで輝くタイプ。ゲームシステムの理解度で評価が変わるサーヴァント。
大体の場合上級者向け。
スポンサーリンク

ロビンフッドのスキル/宝具0

宝具「祈りの弓」イー・バウ

──弔いの木よ、牙を研げ。『祈りの弓』

敵単体に超強力な攻撃
Lv1:
900
Lv2:
1200
Lv3:
1350
Lv4:
1425
Lv5:
1500
[毒]特攻
Lv1:
200
Lv2:
212.5
Lv3:
225
Lv4:
237.5
Lv5:
250

※威力は基本的に宝具カード種類×◯%
B宝具で600%ならBカード6枚分(ボーナスを加味しない)の威力

スキル1『破壊工作A』

【効果】
敵全体の攻撃力をダウン[Lvで強化]
敵全体に毒状態を付与

3ターンの間
敵全体の攻撃力をダウン
Lv1:
5
Lv2:
6
Lv3:
7
Lv4:
8
Lv5:
9
Lv6:
10
Lv7:
11
Lv8:
12
Lv9:
13
Lv10:
15
5ターンの間
毒状態を付与
Lv1:
500
Lv2:
500
Lv3:
500
Lv4:
500
Lv5:
500
Lv6:
500
Lv7:
500
Lv8:
500
Lv9:
500
Lv10:
500

スキル2『黄金律E』

【効果】
自身のNP獲得量アップ[Lvで強化]

3ターンの間
自身のNP獲得量をアップ
Lv1:
12
Lv2:
13.8
Lv3:
15.6
Lv4:
17.4
Lv5:
19.2
Lv6:
21
Lv7:
22.8
Lv8:
24.6
Lv9:
26.4
Lv10:
30

スキル3『皐月の王B』

【効果】
自身に必中状態を付与
自身に回避状態を付与
スターを獲得[Lvで強化]

スターを獲得
Lv1:
10
Lv2:
11
Lv3:
12
Lv4:
13
Lv5:
14
Lv6:
15
Lv7:
16
Lv8:
17
Lv9:
18
Lv10:
20

クラススキル

対魔力D自身の弱体耐性を少しアップ
単独行動A自身のクリティカル威力をアップ
スポンサーリンク

ロビンフッドのHP

Lv70
10187
77位 / 167体
以降は聖杯転臨
Lv80
11389
83位 / 167体
Lv90
12601
86位 / 167体
Lv100
13812
86位 / 167体

ロビンフッドのATK

Lv70
6715
140位 / 167体
以降は聖杯転臨
Lv80
7502
141位 / 167体
Lv90
8295
141位 / 167体
Lv100
9088
142位 / 167体

再臨・スキル強化素材必要個数0

再臨必要素材

1段階アーチャーピースx4
2段階アーチャーピースx8
世界樹の種x6
3段階アーチャーモニュメントx4
蛇の宝玉x6
竜の牙x8
最終再臨アーチャーモニュメントx8
竜の牙x16
虚影の塵x16

スキル強化必要素材

Lv1弓の輝石x4
Lv2弓の輝石x8
Lv3弓の魔石x4
Lv4弓の魔石x8
蛇の宝玉x3
Lv5弓の秘石x4
蛇の宝玉x6
Lv6弓の秘石x8
世界樹の種x4
Lv7世界樹の種x8
鳳凰の羽根x4
Lv8鳳凰の羽根x10
虚影の塵x32
Lv9伝承結晶x1
スポンサーリンク

ロビンフッドの強い点/弱い点

ロビンフッドの強い点(長所)

1.高倍率の特攻宝具で超ダメージ!

「毒」状態の敵に特効という、ほとんどの敵に大ダメージを与えることができる宝具が一番の強み。宝具1の星5サーヴァント並の火力となっており、そこから更にダメージも伸ばしやすい。周回と高難易度での大ダメージ役にずっと使える。

▲宝具強化が実装されていないにも関わらず、高いダメージを出せる。

2.スキル「破壊工作A」で簡単に特攻対象に

宝具の特効条件である「毒」はスキル「破壊工作A」を使うことで用意に満たせるのも魅力。スキルLV1からほぼ確実に成功するので、簡単に特攻対象にできる。宝具を撃ちたい相手が決まっている際は温存しておこう。

中の人A毒付与の確率はスキルLvを上げても変わりませんが、もしスキルLV10にした場合、5ターンに1度使えて5ターンの毒にできます。
つまり敵が1体なら常に特攻状態で宝具を撃ち放題です。その前にだいたいの敵は死にますが。

3.味方も守る攻撃力DOWNスキル

スキル「破壊工作A」には3ターンの敵への全体攻撃力DOWNの効果もあり、味方が受けるダメージを減らすことができる。こちらはスキルLvが低いうちは実感しにくいが、強化することで徐々に頼れる倍率となっていく。

4.宝具使用を助けるNP獲得量UP

スキル「黄金律E」は3ターンのNP獲得量UPとなっており、NPを稼ぎやすくなる。自身のA枚数が多い、もしくはクリティカルを狙える状況で使うと効果的。

5.複数の効果を持つ「皐月の王B」

強化クエストで取得する「皐月の王B」は1ターンの必中&回避と10個のスターを即座に獲得できる効果がある。全ての効果を同時に役立てるのは難しいので、1つでも必要なタイミングで使用しよう。

▲「黄金率E」の使用中にクリティカルを狙ってスター獲得など、他スキルと一緒に使うのもオススメ。

ロビンフッドの弱い点(短所)

1.低レアアーチャーの中ではかなりATKが低い

ダメージが出せるBが1枚のカード構成となっており、宝具以外ではダメージが出しづらい。もともとのATKが低いので、ATKフォウ使用時の1000のステータスUPの効果は大きい。頼っていくのであれば優先的に使用したい。

2.「毒付与」は失敗することもある

基本的に成功する「破壊工作A」の毒付与だが、敵のクラススキルの「対魔力」や「対毒スキル」があった場合は稀に失敗してしまうこともある。スキルLVを上げても付与確率は上がらない。

▲どうしても気になる場合、ロビンフッド使いとフレンドになれると2回破壊工作が使えるので心配は減る。

ロビンフッドの運用

1.単体ボス相手の周回に便利

自身のスキルのみで敵を特攻対象にすることができ、大ダメージを狙いやすい単体宝具なので単体ボスセイバー&バーサーカーの周回で大活躍する。周回であれば自身の防御面を気にする必要が無いので「皐月の王B」はスター獲得用途として使用しやすい。

◆宝具が使用しやすくなる礼装

柳洞寺【最大解放時】
【効果】
自身の宝具の威力を15%アップ&NPを30%チャージした状態でバトルを開始する
宝具威力を更に高められるので相性がよい
宝石剣ゼルレッチ【最大解放時】
【効果】
自身のNP獲得量を10%アップ&NPを40%チャージした状態でバトルを開始する
初期NPだけでなく、カードを選んだ際の増加量も増えるので宝具が撃ちやすくなる
カレイドスコープ【限界突破なし】
【効果】
自身のNPを80%チャージした状態でバトルを開始する
スキルなどでNP20%を付与する手段は多く、すぐに宝具を使えるので周回で便利
龍脈【最大解放時】
【効果】
自身のNPを50%チャージした状態でバトルを開始する
NP50%あればフレンド孔明のスキルですぐに宝具を使えるので周回で便利

※ほか、NP50%チャージが付いたATK型のイベント配布礼装は限界突破しやすいので礼装LVを上げやすく、ロビンの低いATKを補いやすい。

3.A枚数の多いサーヴァントと組む

ダビデやエミヤやアルジュナなど、A3枚のアーチャーは多いので出来れば一緒に編成したい。Aチェインを狙いやすく、NPを貯めて宝具を撃ちやすくなる。

TIPS【Aチェイン】
Artsを3枚並べた際のボーナス。
カードを選んだサーヴァントのNPが20増える。

3.長期戦でのダメージ役としても◎

自身のカード構成がA2枚のA宝具となっており、A枚数の多い防御寄りのサーヴァントと組みやすい。大ダメージを出せる攻撃役になれる。自身の「破壊工作A」の攻撃力DOWNや、「皐月の王B」の回避で長期戦も戦いやすい。

中の人A一撃必殺の高威力宝具としてのイメージが強いですが、じっくり耐えながらチャンスを待ち、効果的な一撃を与え続ける戦い方をしても強いです。

◆ロビンフッド運用動画

黄金率にArts強化などを組み合わせれば、宝具使用ターンにそのままNPを大幅回収することも可能。動画は上手く回った一例です。

ロビンフッドと相性のいいサーヴァント

★1:アマデウス
・LV1から使用可能なA強化スキルを宝具使用にあわせて使用することで、簡単に大ダメージを出せる
・マスタースキルの「瞬間強化」も宝具にあわせて使用すると効果的
・A3枚のA宝具のため、Aチェインがしやすく宝具も撃ちやすくなる
★5:玉藻の前
・A強化スキルを宝具使用にあわせて使用することで、簡単に大ダメージを出せる
・マスタースキルの「瞬間強化」も宝具にあわせて使用すると効果的
・A3枚のA宝具のため、Aチェインがしやすく宝具も撃ちやすくなる
・宝具効果で全体NP付与と回復とCT減することが出来るので長期戦で◎
スポンサーリンク

ロビンフッドのプロフィール0

イラストレーター/声優

イラストワダアルコ
▶イラストレーター一覧はこちら
担当声優鳥海浩輔
▶担当声優一覧はこちら

キャラクター詳細

顔のない、名前のない義賊。本人も言っている通り、この青年はロビンフッドに該当する、数多くいた“誰か”のひとりにすぎない。
大本の伝説は、シャーウッドの森に潜む義賊から。
オリジナルのロビンフッドは暴君ジョン失地王に抵抗したが、カークリースの修道院にて修道院長の陰謀により出血多量で死亡したとされる。

パラメーター

筋力
C
耐久
C
敏捷
B
魔力
B
幸運
B
宝具
D

再臨画像(最終再臨ネタバレ注意)

最終再臨までの画像を掲載しています。
ネタバレが含まれるため、注意してください

(タップで開閉)

初期段階

──ほいほい。
呼ばれたからにはそれなりに働きますよっと。

1段階目

オレをここまで持ち上げるとか、オタク、資金の使い方間違えてない?

2段階目

いやぁ、貢がれるのも悪くないわー。次もよろしく!

3段階目

よし、ここまで来るとオレも楽しくなってきたな。
とことんまで行ってみるか!

最終再臨

いやぁ、ここまで来るとはまいったわー。
でもまあ、限界ってのも悪くない。
こんなに愉快な気分は滅多にないなあ!

FGO攻略記事一覧

素材ドロップ一覧
全素材の必要数、効率のいいフリクエひとまとめ!
全サーヴァント評価一覧
全サーヴァントの評価をまとめて確認!カード構成も掲載しています。
全概念礼装評価一覧
概念礼装をカテゴリごとに掲載!分かりやすくまとめてあります。
リセマラランキング
リセマラで引くべきサーヴァントや当たり礼装は…。
ニュース/最新情報
ゲーム内外問わずFGOの最新情報をまとめて掲載!
この記事を読んだ人におすすめ

©TYPE-MOON / FGO PROJECT
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

記事について指摘する

ここで書いた内容は記事には表示されません。


会員限定
0 件 中 0件 のコメントを表示中